野党が日程設定撤回を衆院議長に申し入れ 本会議開会ずれ込み(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 01日 懸賞

 自民、公明、共産、みんなの野党4党の国対委員長が27日、国会内で会談し、28日午後にたちあがれ日本を加えた5党の幹事長会談を開き、与党が審議や採決の強行を連発させていることや、米軍普天間飛行場移設問題について協議することを確認した。また、近藤昭一・衆院総務委員長(民主)が郵政改革法案の審議日程を委員長職権で設定したとして、横路孝弘衆院議長に抗議し、日程設定を撤回するよう申し入れた。

 このため、衆院本会議は野党が議長からの返答がない限り応じられないとして、予定されていた午後1時の開会がずれ込んだ。

【関連記事】
終盤国会、野党共闘へ 自公対決姿勢強める
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議
郵政改革で“国会対決”辞さず 亀井vs全銀協ヒートアップ
朝鮮学校無償化検討 会議メンバーやっと決まるも「非公表」…
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意

<マルチ商法>仮想空間ビズ社捜索 会員「徹底的に解明を」(毎日新聞)
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
<詐欺罪>無賃乗車の男性 障害考慮し逆転無罪…東京高裁(毎日新聞)
普天間問題 鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定(産経新聞)
[PR]

by hdf7qsgw7z | 2010-06-01 21:28

<< 宮崎・都城に飛び火か=牛に口蹄...   両陛下、障害者施設を訪問(時事通信) >>